リーズナブルで人気

国旗

マンツーマン授業が魅力

フィリピン中部にあるセブ島は、ダイビングスポットが豊富で観光地としても人気がありますが、最近では語学留学先として選ぶ人も増えてきています。実は世界で3番目に英語人口が多いため、英語力も高く、年間3万人以上の日本人留学生がいるのです。1週間程度の短期留学なら、ゴールデンウィークなどの連休を利用して学べるプランがある語学学校もあります。また、30日間までなら観光ビザで滞在できるので、4週間以下なら滞在ビザ費用はかからず、約20万円で留学することができます。セブ島が選ばれている理由は、少ない費用で留学できること、マンツーマン授業が多く英語が身につきやすいことです。セブ島では、ほとんどの学校に宿舎が併設されているので、食事などの生活面でも心配はいりません。また、英語力を伸ばしたい人だけでなく、まったく英語ができない初心者の人でも安心して学べる環境が整っています。マンツーマンレッスンなら、周りのレベルを気にせず集中して学べます。マンツーマンで1日3時間〜8時間の短期集中レッスンができる環境は、他の地域ではなかなかないでしょう。なんといっても日本から約5時間半という近さなので、時差も1時間しかありません。さらに、フィリピン料理では魚・牛・豚などの食材が使われるため、日本人の口に合うと言われています。日本食が食べられるところも多いため生活しやすいでしょう。費用面・生活面でも安心して語学留学をしたいなら、セブ島がおすすめです。

PICK UP

ENGLISH

日本から近く英語が学べる

フィリピンのセブ島では日本から近く短期留学から長期留学まで対応した人気の留学スポットとなっています。移動時間や時差が少ないことから短期でも滞在時間を有効活用できます。ゆったりとしたリゾートの環境の中で英語をじっくりと学ぶこともできます。

海

渡比の目的

留学先で人気が出ているのがセブ島です。その目的のほとんどは英語の語学留学で、渡航時間が短くレッスン内容が充実しているのに費用が安い、素敵なリゾート地、といった点が人気の理由です。学生留学が多いですが、社会人のワーキングホリデーなどでも利用されています。

Copyright© 2017 最近注目されている語学留学【勉強と観光が両立できる】 All Rights Reserved.