学習意欲を高める学校

男女

スパルタや自由度の高さ

台湾や韓国をはじめ、アジア圏で留学する人が多いセブ島では、日本人資本の学校と韓国人資本の学校ではカリキュラムも異なります。また、自由に勉強できるイメージや、外出してアルバイトをできる学校もありますが、スパルタと呼ばれる学校の場合には、ほぼ外出の自由はありません。1日の半分は語学研修に使われ、毎食後の自習は必須といった形で学べ、敷地内では英語しか話すことができない規則となっています。そのため、語学研修として本気で英語をマスターしたい人が優先的に出かける学校として注目されていることは事実です。セミスパルタと呼ばれる物もあり、スパルタとほぼ同様の授業内容ですが、外出は可能といわれている為、学習と余暇の過ごし方のバランスがとれるでしょう。セブ島に留学したといっても、休日は観光に出かけたいと考える場合、セミスパルタの学校に行った方がいいといえます。留学するにあたり、就学ビザを取得する必要がありますが、学校で取得代行してもらえるので問題ありません。それ以外の部分、水道や教材費といった費用を入学前に支払う必要がある学校も多い為、前もって支払う金額を確認しましょう。校風や経営母体によって語学学校のカラーは異なりますが、セブ島では比較的アジア圏の人が多く、英語で話が通じる事も多いです。留学先をセブ島に選んだ場合、学校周辺は安全性が高い為、外出許可のある学校で有れば周辺の意見を確認してから出かけてください。

PICK UP

ENGLISH

日本から近く英語が学べる

フィリピンのセブ島では日本から近く短期留学から長期留学まで対応した人気の留学スポットとなっています。移動時間や時差が少ないことから短期でも滞在時間を有効活用できます。ゆったりとしたリゾートの環境の中で英語をじっくりと学ぶこともできます。

海

渡比の目的

留学先で人気が出ているのがセブ島です。その目的のほとんどは英語の語学留学で、渡航時間が短くレッスン内容が充実しているのに費用が安い、素敵なリゾート地、といった点が人気の理由です。学生留学が多いですが、社会人のワーキングホリデーなどでも利用されています。

Copyright© 2017 最近注目されている語学留学【勉強と観光が両立できる】 All Rights Reserved.